お知らせ
news

【イケメン座談会 vol.4-6】「本願」@直七法衣店

2019年5月16日, 25日, 30日の3日間、直七法衣店にて「イケメン座談会 vol.4-6」を開催します。

机を囲い飲み食いしながら、リラックスした雰囲気でユルく、でも内容は濃くしたいと思います。

仏教をよく勉強されている方も、全く知らない方も、いろんな考えや疑問を共有しませんか?!

1.「本願寺」とは

「本願寺」

聞いたことがある方も多いかと思います。

なにげに西本願寺、東本願寺といいますが、そもそも「本願」ってどういう意味なのでしょうか。

 

2.「本願」とは

「本願」

聞いたことはある言葉だけれども、改めて言われると、意味を知らない。

でもこの「本願」。浄土系の宗派において、とても重要な言葉なんです。

そんな「本願」について、3週連続それぞれ3名の僧侶とともに座談会、ゆるくワイワイ話し合います。

 

3.「イケメン座談会」を企画した思い

この「イケメン座談会」を企画したのは、「仏教は、実は身近にあることを感じてもらいたい」という思いからでした。

私は法衣店の立場から、僧侶の方々と食事を共にすることが多くあります。

そこで仏教の話になったとき「食事しながら気軽に質問できる、仏教会話もいいなぁ」とたびたび感じていました。

 

4.法話会と坊主バー

逆に、お寺での法話会は講義形式の一方通行で、わからない単語などがあっても質問しにくく、わからないまま終わる、ということがありました。

逆に、昨今の「坊主バー」は、各々個別の疑問や悩みに答えるスタイルも多いかな、と感じていました。

 

5.イケメン座談会の立ち位置

この「イケメン座談会」の立ち位置としては、そんな「お寺の法話会」と「坊主バー」の中間です。

一つのテーマについて、各回それぞれの僧侶と参加者の考えを共有し合うスタイルです。

 

6.「イケメン」とは

私の考える「イケメン」とは、外見もあるかもしれませんが、「内面的に人として魅力的な人。前向きで、話していて自然と笑顔になれる、人を惹きつける魅力ある人」です。

私としては座談会をするにあたり、その中心である僧侶は、そんな「イケメン」がいい、と考えていました。

そんな僧侶とリラックスした雰囲気で、人の魅力+仏教のなにかしらを感じてもらえたら嬉しいです。

 

7.「イケメン座談会」からの「お寺ガチ法話」

ガチ(ちゃんとした?)法話は、やはりお寺で、住職さんから聞いてもらいたい、と思っています。
  
もし今まで、お寺の法座には行きにくい、お寺に行く機会がないと感じておられた方が、この座談会で、仏教にさらに興味を持ってもらえたら…

直七法衣店は、そんな「お寺の手前の空間」でありたいと思います。

 

8.「イケメン座談会」詳細

同じ「本願」というテーマでも、僧侶それぞれの捉え方、表現の仕方が違うかもしれません。

そのあたりも含めて、お気軽に、なにより楽しく、ご参加くださいませ!

【日時】
2019年

5月16日(木)
僧侶 四夷法顕
龍谷大学非常勤講師/博士(文学)

お寺の住職、仏教研究者、布教使としてご法義の日々を送る。最近のマイブームは落語鑑賞。

5月25日(土)
僧侶 若林唯人
浄土真宗本願寺派 光照寺 副住職

1982年生まれ。「同世代の方に、仏教がもっと身近になれば」
その思いの元に活動する「フリースタイルな僧侶たち」前代表。

「何でも、ご質問ください。ゆるーく語り合いしましょう」

5月30日(木)
僧侶 柱本惇
浄土真宗本願寺派 明覺寺 副住職

「仏教を知ってもらいたいと常に考え、考えすぎた故に自分自身も仏教が分からなくなり、仏様に尋ね、また仏教を広めたくなる」ということを繰り返しています。

19:00-21:00頃(18:30開場)

【会場】
直七法衣店
京都市下京区福本町425
https://naoshichi-kyoto.jp/
京都駅から徒歩約10分

【定員】
10名

【参加費】
500円

フード/ドリンク ALL250円

【参加申込方法】
① メール
https://naoshichi-kyoto.jp/form/contact/
② Facebookイベントページ で参加ボタン
③ Facebook DM
https://www.facebook.com/naoshichi7/
④Instagram DM
https://www.instagram.com/naoshichi_houi_kyoto/
⑤twitter DM
https://www.twitter.com/kyoto_naoshichi/

のいずれかにて、お願い致します。

改めて申込完了のメールを送らせていただきます。

【ナオシチ写経会 vol.1】「重誓偈」 @直七法衣店

2019年5月12日(日)
直七法衣店にて「重誓偈」の写経会を開催します。

 
西本願寺 月刊「大乗」連載書家
永田灌櫻先生を招き、

浄土真宗西本願寺派「重誓偈」の解説と
その書き方を学びます。

1.「写経」とは

そもそも「写経」とは、
なんのためにするのでしょうか。

徳を積むため?
自分の内面に向き合うため?

いろいろな捉え方がありますが、
今回行う浄土真宗の写経は
少し違った捉え方をしています。

 

2.「重誓偈」「三誓偈」「四誓偈」

「重誓偈」と書いて「じゅうせいげ」と読みます。

 
「重誓偈」は、浄土真宗本願寺派の呼び方で、

真宗大谷派では「三誓偈(さんせいげ)」
浄土宗では「四誓偈(しせいげ)」
と呼ばれます。

数あるお経のなかでも、短めのものです。

 

3.「重誓偈」浄土真宗本願寺派(西本願寺)

法蔵菩薩は「四十八の願い」を立て、
阿弥陀仏になると誓われました。

そして、その誓いのすぐ後に
重ねて説かれたので「重誓偈」と呼ばれます。

 

4.「三誓偈」真宗大谷派(東本願寺)

またこのお経は、
はじめに三つの大切な誓いが述べられるので
「三誓偈」とも呼ばれます。

 

5.「四誓偈」浄土宗

浄土宗では、
終わり近くにもう一つ誓いが述べられるので
「四誓偈」と呼ばれます。

 

6.お経を通して仏教を味わう

この「ナオシチ写経会」では、
単に文字を写すだけでなく

その「重誓偈」というお経の説明を受け
写すことを通して、

仏教を味わっていただきます。

ここでいう「味わう」という言葉の使い方も
日常生活ではあまり馴染みないかもしれません。

この機会にぜひ体感ください。

 

7.書家 永田灌櫻先生

永田灌櫻先生は、書家であり、
浄土真宗本願寺派の門徒(檀家)でもあります。

仏教もとてもよく勉強されており、
書として観点から、仏教として観点から、
深くわかりやすく解説いただきます。

また、永田灌櫻先生監修の
オリジナル重誓偈写経用紙と、
先生特撰の写経に適した筆ペンを使用します。

その書き心地もぜひ体感くださいませ。
  
 

8.「ナオシチ写経会」詳細

【日時】
2019年
5月12日(日) 14:00-16:00

【会場】
直七法衣店
京都市下京区福本町425
https://naoshichi-kyoto.jp/
京都駅から徒歩約10分

【定員】
10名

【参加費】
2500円(お茶菓子付)

【参加申し込み】
① メール https://naoshichi-kyoto.jp/form/contact

② Facebookイベントページ https://www.facebook.com/events/258416001776746/

③ Facebookメッセンジャー https://www.facebook.com/naoshichi7/

のいずれかにて、お願い致します。

改めて申込完了のメールを送らせていただきます。

【ナオシチワイン会 vol.2】赤:ガメイ 白:リースリング

2019年5月11日(土) 19:00-21:00
直七法衣店にて【ナオシチワイン会 vol.2】

「自然派マキコレワインとオーガニックおつまみを楽しむ会」
を開催します。

今回のワインは「赤:ガメイ、白:リースリング」です。

 

マキコレワインは自然派ワイン。

完熟した健康なブドウをそのまま搾ってワインにするので、土地の個性やブドウの個性がそのまま表現された、本来のワインになります。

ワインを飲むとしんどい、頭が痛い、お酒は好きだけどワインはちょっと、、と今までワインを敬遠されていた方にも是非一度、飲んでいただきたいワインです。

そんなマキコレワインを知り尽くした「カーヴ田中屋」の田中竜也店長に、ワインの楽しみ方を熱く?!楽しく?!教えていただきます。

2.ガメイ とは

赤ワイン:ガメイ について、とりあえず Wikipedia 情報。

『フランスのブルゴーニュ地方、とくに最南端のボジョレー地区で多く栽培されている。豊産で、ワイン用ぶどうとしては大粒である。

ワインの色調は明るく、タンニンはやや乏しいが、その代わりに酸味が豊かで、フレッシュでさわやかな香味を持つ。ボジョレー・ヌーヴォーの原料ぶどうとなる。

ボジョレーワインには、クリュ・ボジョレーと呼ばれる10年程度の熟成に耐えるものもあるが、熟成には向かないものが多い。

フランス国内のロワール地方やラングドック=ルシヨン地域圏、東欧、トルコなどでも一部では栽培されているが、生産量は少ない。』

、、なんだかよくわかりません。
横文字が、頭をきれいにスルーしていく。。

お次は白ワイン、リースリングwiki。

 

3.リースリング とは

『ドイツでは1995年までは収穫率の良いミューラー・トゥルガウが栽培面積1位だったが、1996年の統計ではリースリングがこれに代わっている。

現在、世界でおおよそ5万ヘクタール弱の栽培面積をもつ。リースリングは冷涼地での栽培が望ましく、粘板岩、石灰岩、火成岩土壌に適応し晩熟で耐寒性に優れる。

ドイツでは糖度による格付けのため、リースリング種のワインは甘口に仕立てられることも多い。花のような、強くて上品な香りと心地よい甘みがあり、とくに最高級品のトロッケンベーレンアウスレーゼは、クローバーの蜂蜜のようなまったりとした香味がある。

世界的な辛口嗜好から、現在ではドイツにおいても辛口リースリングの生産量が多くなってきている。隣国オーストリアにおいてもリースリングは栽培されており、こちらは伝統的に辛口ワインに仕立てるのが主である。』

、、こちらもよくわかりません。

 

4.ワイン会の趣旨

このワイン会の趣旨は、前述wikiのような情報を、頭でっかちの知識ではなく、飲みながら体感し、カーヴ田中屋店長から、楽しく美味しく学ぼう♪というものです。

たとえば今後、レストランのメニュー表で「ガメイ」など品種を見たとき、「あっ。こんな味で、私は好きだったな。今の気分にも合いそう♪」と感じられることを目指しています。

毎回2品種4銘柄ずつ、じっくり学んでいく予定です。

 

5.当てはまる方は是非!

① レストランでワインを飲みたいけれど、どれをどう頼んでいいかわからない方

② ワインは好きだけれど、マキコレワインは知らなかったよ!という方

③ マキコレワイン通の方

④ 飲めないけれど、雰囲気好きの方

⑤ 日常を離れて気分転換したい方

⑥ 法衣店に入ってみたい方

 

6.おつまみについて

おつまみは、滋賀県甲賀市のオーガニック専門店「ほんまもん市」さんの、健康旨おつまみをご提供します。

たとえば「ほんまもん市」さんの卵は、卵アレルギーの娘さんをもつ店主が「娘も食べられる卵を作れないものか」と試行錯誤されできたものです。

自然な味わいで、後味まで美味しい。そんな健康旨おつまみです。
ナッツやレーズンもありますが、ひとあじ違いますよ。。

参加人数が多いほど、いろいろな種類をシェアできます。
多くの皆様のご参加、心よりお待ちしております!

【日時】
2019年
5月11日(土)
19:00-21:00頃(18:30開場)

【会場】
直七法衣店
京都市下京区福本町425
https://naoshichi-kyoto.jp/
京都駅から徒歩約10分

【参加費】
3000円(飲み比べワイン4種、オーガニックおつまみ含む)

【定員】
15名

【参加申し込み】
① メール https://naoshichi-kyoto.jp/form/contact
② Facebookイベントページ https://www.facebook.com/events/2240097996033910/
③ Facebookメッセンジャー https://www.facebook.com/naoshichi7/
のいずれかにて、お願い致します。

改めて、申込完了のメールを送らせていただきます。

【マキコレワインを楽しむ会 vol.1】@直七法衣店

2019年4月12日(金) 、直七法衣店にて「カーヴ田中屋店長と自然派マキコレワインを楽しむ会」を開催します。

 

1.マキコレワインについて

マキコレワインは自然派ワイン。

完熟した健康なブドウをそのまま搾ってワインにするので、土地の個性やブドウの個性がそのまま表現された、本来のワインになります。

ワインを飲むとしんどい。頭が痛い。。お酒は好きだけど、ワインはちょっと。。と今までワインを敬遠されていた方にも是非一度、飲んでいただきたいワインです。

そんなマキコレワインを知り尽くした「カーヴ田中屋」の田中竜也店長に、ワインの楽しみ方を熱く?!楽しく?!教えていただきます。

 

2.当てはまる方は是非!

① レストランでワインを飲みたいけれど、どれをどう頼んでいいかわからない方

② ワインは好きだけれど、マキコレワインは知らなかったよ!という方

③ マキコレワイン通の方

④ 飲めないけれど、雰囲気好きの方

⑤ 日常を離れて気分転換したい方

⑥ 法衣店に入ってみたい方

 

3.おつまみについて

おつまみは、滋賀県甲賀市のオーガニック専門店「ほんまもん市」さんの、健康旨おつまみをご提供します。


参加人数が多いほど、いろいろな種類をシェアできます。
多くの皆様のご参加、心よりお待ちしております!

 
【日時】
2019年
4月12日(金)
19:00-21:00頃(18:30開場)

【会場】
直七法衣店
京都市下京区福本町425
https://naoshichi-kyoto.jp/
京都駅から徒歩約10分

【参加費】
2500円(ワイン3杯、おつまみ含む)
ソフトドリンクや追加のワイン/おつまみ(200円〜)もご用意しております。

【定員】
15名

【プログラム】
18:30 開場
19:00 開始
21:00 終了

自由休憩。リラックスした雰囲気で楽しみます。
途中参加・途中退出もOKです。
お気軽にご参加くださいませ!

【参加申し込み】
① メール https://naoshichi-kyoto.jp/form/contact
② Facebookイベントページ https://www.facebook.com/events/2195576990757184/
③ Facebookメッセンジャー https://www.facebook.com/naoshichi7/
のいずれかにて、お願い致します。

改めて、申込完了のメールを送らせていただきます。

【イケメン座談会 vol.1-3】「本願」@直七法衣店

2019年4月17日,22日,30日 の3日間、直七法衣店にて「イケメン座談会」を開催します。

机を囲い飲み食いしながら、リラックスした雰囲気でユルく、でも内容は濃くしたいと思います。

仏教をよく勉強されている方も、全く知らない方も、いろんな考えや疑問を共有しませんか?!

1.東西2つの「本願寺」

京都駅近くには、西本願寺と東本願寺。
訳あって2つの大きな「本願寺」があります。

なにげに「本願寺」と呼んでいますが、
そもそも「本願」って何なんでしょうか?

 

2.「本願」とは

聞いたことはある言葉だけれども、改めて言われると、意味を知らない。
でもこの「本願」。浄土系の宗派において、とても重要な言葉なんです。

そんな「本願」について、3週連続それぞれ3名の僧侶とともに、この座談会で考えてみます。

 

3.「イケメン座談会」を企画した思い

そもそもこの「イケメン座談会」を企画したのは、「仏教は、実は身近にあることを感じてもらいたい」という思いからでした。

私は法衣店の立場から、僧侶の方々と食事を共にすることが多くあります。

そこで仏教の話になったとき「あぁ。食事しながら気軽に質問できる、仏教会話もいいなぁ」とたびたび感じていました。

 

4.法話会と坊主バー

逆に、お寺での法話会は講義形式の一方通行で、わからない単語などがあっても質問しにくく、わからないまま終わる、ということがありました。

ちなみに、法話会などで仏様の話を聞くことを「お聴聞」といいます。

そのお聴聞は「理解する」類のものではないという考えもありますが、お聴聞したことのない人にとって、または、何かの縁で初めてお聴聞した人とって、よくわからない話を繰り返し聞くことは、結構ハードルの高いことだと思います。

逆に、昨今の「坊主バー」は、各々個別の疑問や悩みに答えるスタイルも多いかなと思います。

 

5.イケメン座談会の立ち位置

この「イケメン座談会」の立ち位置としては、そんな「お寺での法話会」と「坊主バー」の中間です。

一つのテーマについて、各回それぞれの僧侶と参加者の考えを共有し合うスタイルです。

 

6.「イケメン」

私の考える「イケメン」とは、外見もあるかもしれませんが、「内面的に人として魅力的な人。前向きで、話していて自然と笑顔になれる、人を惹きつける魅力ある人」です。

私としては、座談会をするにあたり、その中心である僧侶は、そんな「イケメン」がいい、と考えていました。

そんな僧侶とリラックスした座談会で、人の魅力 + 仏教のなにかしらを感じてもらえたら、嬉しいです。

 

7.「イケメン座談会」からの「お寺ガチ法話」

ガチ(本気の、ちゃんとした)法話は、やはりお寺で、住職さんから聞いてもらいたい、と思っています。
  
もし今まで、お寺での法座には行きにくい、お寺に行く機会がない、と感じておられた方が、この座談会で、仏教に興味を持ってもらえたら…

直七法衣店は、そんな「お寺の手前の空間」でありたいと思います。

 

8.「イケメン座談会」詳細

同じ「本願」というテーマでも、僧侶それぞれの捉え方、表現の仕方が違うかもしれません。
そのあたりも楽しみに、また、お気軽に、ご参加くださいませ!

【日時】
2019年
4月17日(水) 僧侶 霍野廣由

4月22日(月) 僧侶 福岡智哉

4月30日(火) 僧侶 勤息義隆

19:00-21:00頃(18:30開場)

【会場】
直七法衣店
京都市下京区福本町425
https://naoshichi-kyoto.jp/
京都駅から徒歩約10分

【定員】
10名

【参加費】
500円

【フード・ドリンク】
ALL 500円

【プログラム】
18:30 開場
19:00 開始 「本願」をテーマに座談会
21:00 終了

自由休憩。リラックスした雰囲気で楽しみたいと思います。
途中参加・途中退出もOKです。お気軽にご参加くださいませ!

【参加申し込み】
① メール https://naoshichi-kyoto.jp/form/contact
② Facebookイベントページ https://www.facebook.com/events/258416001776746/
③ Facebookメッセンジャー https://www.facebook.com/naoshichi7/
のいずれかにて、お願い致します。

改めて申込完了のメールを送らせていただきます。

menu