お知らせ
news

インド チャイに始まり×××

こんにちは、法衣職人バックパッカー直七 (@kyoto_naoshichi) です。
 

今日も、チャイで一日が始まります。

一杯10ルピー(≒15円)とか、ウチ倒産したらもう、インド住もうかと思ってしまいますね。
 

いやっ、チリツモ。
 

インドでは、

『チャイ屋経営でお金貯め海外旅行
 でまたチャイ貯め旅行』

という人生がポピュラーな地域もあります。

ジムもなんとなく多い気がする。でも筋肉質なインド人は、あんまり見かけないような。。

Wash me, please.
 

大丈夫。君みたいな子、たくさんいるから。というか、インドの人達も「汚い」という意識はあるんだな。でも支障がないから、気にしないのかな。

いきつけカフェ。
こんな感じの朝食をサッと食べて登校です。一時間近く歩いて登校です。
 

30分くらいの道のりだし、それこそリクシャーとか使えば10分くらいだけど、チャイ屋で喋ったり色々寄り道してると、一時間くらいかかります。

心向くまま、あっちへふらふら、こっちへふらふら。「はじめてのおつかい」の子供といっしょです。

目的地が目的じゃないから、いいんです。
今日のブログも、インド語学学校の話を書くつもりが、まだ着いてないですね。
 

いいんです。
ここで乗り換えて行き方がどうとか情報系のブログは、他にいっぱいあるから。
 

僕のブログは、「あーそんな楽しみ方もあるんだな」とか「アホだなー」とか、ちょっとした非日常を楽しんでもらえると、ありがたいです。
 

次回は、語学学校の話になるかな。
ならないかも。
 

ではまた。
 

直七法衣店 四代目 川勝顕悟

77777777777777777777777777777777777777
1920年創業の法衣店。
京都の西本願寺と東本願寺の間にあります。

技術力とデザイン力の強みから、
オーダーメイドも得意にしております。

浄土真宗を主に、各宗派お仕立ていたします。

法衣袈裟や打敷戸帳、幕や仏旗、
仏具念珠、記念品や稚児衣装など、
お寺関係のことなら、何でもご相談ください!
https://naoshichi-kyoto.jp/form/contact
77777777777777777777777777777777777777

法衣を通して「次世代に伝えるもの」を、
バックパッカーを通して「価値観/宗教観の違い」
を考えます。バラバラでいっしょ。

menu