直七法衣店の歴史
history

流行は変わる。
本質は変わらない。

大正中期の創業から約百年。「初代直七」川勝直次郎から四代にわたり受け継がれてきた、法衣店としての技術知識そして心構えが、私たちの資産です。出会うすべての方々とのご縁を大切に、おごることなく、また、時代の変遷に流されることなく、長きに渡り法衣仏具をお届けしてまいりました。これからも伝統を守りながら、全国の寺院様のより良い魅力づくりに貢献してまいります。

大正9年
川勝直次郎(初代直七)により、川勝直七法衣店 創業
昭和33年
川勝順夫 二代目直七 継承
昭和62年
川勝邦昭 三代目直七 継承
平成30年
川勝顕悟 四代目直七 継承
menu