お知らせ
news

カーヴ田中屋店長と自然派マキコレワインを楽しむ会 @直七法衣店

2019年4月12日(金) 、直七法衣店にて「カーヴ田中屋店長と自然派マキコレワインを楽しむ会」を開催します。

 

1.マキコレワインについて

マキコレワインは自然派ワイン。

完熟した健康なブドウをそのまま搾ってワインにするので、土地の個性やブドウの個性がそのまま表現された、本来のワインになります。

ワインを飲むとしんどい。頭が痛い。。お酒は好きだけど、ワインはちょっと。。と今までワインを敬遠されていた方にも是非一度、飲んでいただきたいワインです。

そんなマキコレワインを知り尽くした「カーヴ田中屋」の田中竜也店長に、ワインの楽しみ方を熱く?!楽しく?!教えていただきます。

 

2.当てはまる方は是非!

① レストランでワインを飲みたいけれど、
  どれをどう頼んでいいかわからない方

② ワインは好きだけれど、マキコレワイン
  は知らなかったよ!という方

③ マキコレワイン通の方

④ 飲めないけれど、雰囲気好きの方

⑤ 日常を離れて気分転換したい方

⑥ 法衣店に入ってみたい方

 

3.おつまみについて

おつまみは、滋賀県甲賀市のオーガニック専門店「ほんまもん市」さんの、健康旨おつまみをご提供します。


参加人数が多いほど、いろいろな種類をシェアできます!
多くの皆様のご参加、心よりお待ちしております!

 
【日時】
2019年
4月12日(金)
19:00-21:00頃(18:30開場)

【会場】
直七法衣店
京都市下京区福本町425
https://naoshichi-kyoto.jp/
京都駅から徒歩約10分

【参加費】
2500円(ワイン3杯、おつまみ含む)
ソフトドリンクや追加のワイン/おつまみ(200円〜)もご用意しております。

【定員】
15名

【プログラム】
18:30 開場
19:00 開始
21:00 終了

自由休憩。リラックスした雰囲気で楽しみます。
途中参加・途中退出もOKです。
お気軽にご参加くださいませ!

【参加申し込み】
① メール https://naoshichi-kyoto.jp/form/contact
② Facebookイベントページ https://www.facebook.com/events/2195576990757184/
③ Facebookメッセンジャー https://www.facebook.com/naoshichi7/
のいずれかにて、お願い致します。

改めて申込完了のメールを送らせていただきます。

【ワンコイン仏教】イケメン座談会 vol.1-3「本願」@直七法衣店

2019年4月17日,22日,30日 の3日間、直七法衣店にて「イケメン座談会」を開催します。

机を囲い飲み食いしながら、リラックスした雰囲気でユルく、でも内容は濃くしたいと思います。

仏教をよく勉強されている方も、全く知らない方も、いろんな考えや疑問を共有しませんか?!

1.東西2つの「本願寺」

京都駅近くには、西本願寺と東本願寺。
訳あって2つの大きな「本願寺」があります。

なにげに「本願寺」と呼んでいますが、
そもそも「本願」って何なんでしょうか?

 

2.「本願」とは

聞いたことはある言葉だけれども、改めて言われると、意味を知らない。
でもこの「本願」。浄土系の宗派において、とても重要な言葉なんです。

そんな「本願」について、3週連続それぞれ3名の僧侶とともに、この座談会で考えてみます。

 

3.「イケメン座談会」を企画した思い

そもそもこの「イケメン座談会」を企画したのは、「仏教は、実は身近にあることを感じてもらいたい」という思いからでした。

私は法衣店の立場から、僧侶の方々と食事を共にすることが多くあります。
そこで仏教の話になったとき「あぁ、食事しながらのユルい仏教の聞き方もいいなぁ」とたびたび感じていました。

逆に、お寺でされる法座(法話)では、難しい言葉が続くと何のことかわからず、思考停止・拒否反応をおこすこともありました。

 

4.「仏教」に触れる機会

「なに言うとんねん!法衣店やろ!勉強せんかい!」と怒られるかもしれませんが、僧侶の方々が「仏教(仏法)を広めたい」と思っている相手は、僕より仏教に触れる機会が少なく、知識や興味も少ない方々かもしれません。

 

5.「仏教」に対する認識

「自分の宗派を知らない。家に仏壇がない。」そんなことがザラなのは、僧侶の方々も感じておられるかと思います。

さらに仏教ひとくくりの認識で、たとえば浄土真宗では清め塩をしないとか、お守りや御朱印帳がないとか、違いを知らない方も少なくないのではないでしょうか?

 

6.モヤモヤしたまま帰る法話会

また、お寺の法話を聞きにいって話がよくわからないとき、質問できないんですよね。たいがい一方的講義形式で。。そして最後は皆で「南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏」

、、いやっ。そうなんですよ。特に浄土真宗は「お聴聞」。聞くんです。
質問とかそういうことじゃないんです。お聴聞しているうちに気づいてくるし、わかってくるし。

 

7.仏法ひろまれ

でも、、やっぱり繰り返しお聴聞できる人って、ほんと一握りだと思うんです。

「いやっ、一握りでいいじゃないか。斜に構えて、疑いながら聞くやつなんかいらんわ!」とおっしゃるかもしれません。

でももしかすると、今の時代の「仏法ひろまれ」には、今の時代に合った方法があるかもしれません。

 

8.「寺」としての様々な取り組み

築地本願寺の脱出ゲームや、各お寺の様々な取り組みは「まずはお寺に来てもらわないと」という思いからでしょうか。

賛否あるとして、どストレートに仏教の話をして、その話を継続的に聞きに来る人が減っているのかもしれません。

 

9.「法衣店」としての取り組み

僕は、法衣店主の立場から何かできないかと考えたとき、仏法をどストレートにできないけど、仏教に縁の薄い方々と僧侶の間の場を作ることはできるかな、と思いました。

答えは出なくてもいい。
皆で考えて、それぞれの受けとめ方(味わい)があればいいかと思います。

 

10.「イケメン」とは

そんなお話の中心である僧侶は、有名とか偉いとか肩書きでなく、人として魅力的な方=「イケメン」にしてもらいたい。

今回の座談会vol.1-3のお三方も、まさにそのような「イケメン」です。お話していて自然と笑顔になれる。人としても勉強になる。そこに +仏法がある。

そんな僧侶とリラックスした座談会で、仏教のなにかしらを感じてもらえたら。

 

11.「イケメン座談会」からの「お寺ガチ仏法」

ガチガチの仏法は、やはりお寺の空間で聞かれるのが、僕はいいかと思います。
この座談会で、もう一段階知識や興味を持たれた方は、是非お寺に参ってみてください。

直七法衣店は、その手前の空間でありたいと思います。

 

12.「イケメン座談会」詳細

できれば、お三方それぞれの視点での「本願」に触れてみませんか?!
3日ともご参加いただければ尚良しですが、1日のみのご参加も大歓迎で承っております!

 
【日時】
2019年
4月17日(水) 僧侶 霍野廣由

4月22日(月) 僧侶 福岡智哉

4月30日(火) 僧侶 勤息義隆

19:00-21:00頃(18:30開場)

【会場】
直七法衣店
京都市下京区福本町425
https://naoshichi-kyoto.jp/
京都駅から徒歩約10分

【定員】
10名

【参加費】
500円

【フード・ドリンク】
ALL 500円

【プログラム】
18:30 開場
19:00 開始 「本願」をテーマに座談会
21:00 終了

自由休憩。リラックスした雰囲気で楽しみたいと思います。
途中参加・途中退出もOKです。お気軽にご参加くださいませ!

【参加申し込み】
① メール https://naoshichi-kyoto.jp/form/contact
② Facebookイベントページ https://www.facebook.com/events/258416001776746/
③ Facebookメッセンジャー https://www.facebook.com/naoshichi7/
のいずれかにて、お願い致します。

改めて申込完了のメールを送らせていただきます。

三味線あそび−身体にやさしいおつまみ付き

77777777777777777777777777777777777777
ゆったり三味線を楽しんでいただくため、
定員15名で打ち切らせていただきます。
お早めのお申し込みを、お待ちしております!
77777777777777777777777777777777777777

三味線。お座敷。
日常生活ではなかなか関わることのない世界でしょうか。
 

このたび直七では、三味線奏者であり、ご自身で三味線を作る職人でもある「野中智史」さんをお招きし、敷居の高いイメージの「お座敷あそび」を気軽に楽しんでいただきます。

参加者にも三味線に触って、弾いていただけるよう予定しております。
 

また、19–21時のご飯どきですので「身体に優しい手作りおつまみ三品」や、ソフトドリンク・アルコール類をご用意しております。

お座敷常連も未経験者も「こんぴらふねふね〜♪」楽しく遊びましょう!

【日時】
2019年3月9日(土)
19:00-21:00頃(18:30開場)
 

【会場】
直七法衣店
京都市下京区福本町425
https://naoshichi-kyoto.jp/
京都駅から徒歩約10分
 

【参加費】
2000円(身体に優しい手作りおつまみ三品付き)
ソフトドリンクやアルコール類(2-300円)もご用意しております。
 

【定員】
15名
 

【演奏者】
三味線奏者/三味線職人 野中智史

幼少期より三味線の稽古をはじめる 。
二十歳より東山区「今井三絃店」にて、三味線製造(棹)の職人として修行に入る。同時に、宴席や落語会等での演奏を行う 。
三味線の「作って・弾いて」職人/演奏者として、講演やワークショップ等でも活動する。
https://www.facebook.com/nanakenme
 

【プログラム】
18:30 開場
19:00 開演
三味線演奏
三味線体験
お座敷あそび「こんぴらふねふね♪」
etc…
21:00 終了

途中休憩を挟みながら、リラックスした雰囲気で楽しみたいと思います。途中参加・途中退出もOKです。

参加申し込みは、
メール または Facebookイベントページ にて、お願い致します。
改めて申込完了のメールを送らせていただきます。
 

直七法衣店 四代目 川勝顕悟

77777777777777777777777777777777777777
1920年創業の法衣店。
京都の西本願寺と東本願寺の間にあります。

技術力とデザイン力の強みから、
オーダーメイドも得意にしております。

浄土真宗を主に、各宗派お仕立ていたします。

法衣袈裟や打敷戸帳、幕や仏旗、
仏具念珠、記念品や稚児衣装など、
お寺関係のことなら、何でもご相談ください!
https://naoshichi-kyoto.jp/form/contact
77777777777777777777777777777777777777

法衣を通して「次世代に伝えるもの」を、
バックパッカーを通して「価値観/宗教観の違い」
を考えます。バラバラでいっしょ。

インド 朝チャイからの、英語語学学校へのながーい道のり

こんにちは、法衣職人バックパッカー直七 (@kyoto_naoshichi) です。
 

今日も、チャイで一日が始まります。

一杯10ルピー(≒15円)とか、ウチ倒産したらもう、、インド住もう。
 

いやっ。15円もチリツモ。
 

インドでは、

『チャイ屋経営でお金貯め海外旅行
 でまたチャイ貯め旅行』

という人生がポピュラーな地域もあります。
 

お金が手段になってて、いいよね。
日本はどうなんだろう。。
 

旅すると連日感じる、この感覚。価値観。
この旅でも何度も感じて、僕の人生にすごく影響を与えるんだろうな。

ジムもなんとなく多い気がする。でも筋肉質なインド人は、あんまり見かけないような。。

経済的に豊かになると、健康を考え始めるのか、健康にお金を使うよう仕向けられるのかわからないが、ジムや健康グッズが増えてくる。

Wash me, please.
 

逆にびっくり。
 

道に停めてある車、半分以上汚れてるから、インドの人達には「汚い」という意識があまりないんだと思ってた。道にポンポンごみも捨てるし。これも良い悪いとかじゃなく、価値観だと思う。

いきつけカフェ。
こんな感じの朝食をサッと食べて登校です。一時間近く歩いて登校です。
 

30分くらいの道のりだし、それこそインドのタクシー「リクシャー」とか使えば10分くらいだけど、チャイ屋で喋ったり色々寄り道してると、一時間くらいかかります。

心向くまま、あっちへふらふら、こっちへふらふら。

目的地が目的じゃないから、いいんです。
話して、触って食べて、五感で感じる。
 

僕のブログは、「あーそんな楽しみ方もあるんだな」とか「アホだなー」とか、ちょっとした非日常を楽しんでもらえると、ありがたいです。
 

次回は、語学学校の話になるかな。
ならないかも。
 

ではまた。
 

直七法衣店 四代目 川勝顕悟

77777777777777777777777777777777777777
1920年創業の法衣店。
京都の西本願寺と東本願寺の間にあります。

技術力とデザイン力の強みから、
オーダーメイドも得意にしております。

浄土真宗を主に、各宗派お仕立ていたします。

法衣袈裟や打敷戸帳、幕や仏旗、
仏具念珠、記念品や稚児衣装など、
お寺関係のことなら、何でもご相談ください!
https://naoshichi-kyoto.jp/form/contact
77777777777777777777777777777777777777

法衣を通して「次世代に伝えるもの」を、
バックパッカーを通して「価値観/宗教観の違い」
を考えます。バラバラでいっしょ。

menu